あにめ感想にっき
― たまに手キャプがあるアニメひとこと感想サイトと見せかけたアニメ多量見生活者の記録 ―

先週分[生見・今週分録画見] / [録画見]来週分
簡易メニュー
最新にっき [ HTML版 ]
あにめ感想にっきトップ
取り扱い一覧
みきももアンテナ
感想系リンク集
だらけ日記
記号一覧
過去の手キャプ一覧
感想用語解説
アーカイブ
ひとつ前 [ 02/19 〜 02/25 ]
ふたつ前 [ 02/12 〜 02/18 ]
みっつ前 [ 02/05 〜 02/11 ]
よっつ前 [ 01/29 〜 02/04 ]
簡易メッセージ
Name:
Mail:
Message:

ここに書かれた内容を
ネタにしてもいいですか?

いい (^o^)
匿名ならいい (^-^)
やめてッ (>_<)
[Amazon個別商品案内]
Amazon.co.jpアソシエイト

Netscapeでの閲覧の場合、Reloadしても画像・リンクが変わらないことがあります。

COMICS あずまんが大王 ( 1 )
ウルトラマニアック ( 1 )
ママレ完全版 ( 6 )
ママレ完全版 ( 1 )
ママレ完全版 ( 4 )
ウルトラマニアック ( 2 )
ママレ完全版 ( 5 )
よつばと!( 3 )
ママレ完全版 ( 3 )
あずまんが大王 ( 2 )
あずまんが大王 ( 4 )
よつばと!( 2 )
ウルトラマニアック ( 3 )
ママレ完全版 ( 2 )
よつばと!( 1 )

今週のひとこと

 水曜深夜から感想まとめて。時間が経つと、記憶が曖昧になるというのもあるけど、見てるとき思いついたネタを忘れるのが難点だ。あぁ、あんなネタやこんなネタを思いついていたはずなのに…。

 感想率テンションは思いついたけどあえて口にしなかったのに…勘弁してください。きっとまとめる方もとーってもめんどい。>みでぃさん

 感想率でテンションを採るということは、最終的に作品のテンションがどう変わっていったかのグラフが描けるわけで、現在そういうのは視聴率でしか出ていなく、それは作品の盛り上がりとはいまいち無関係であったりして、よろしくない部分も多いけど、そこをテンションゲージで表すことによって、どういう作品であったかがよりよく見える…という話はわかる。そしてそれを正しく採ろうと思ったら、感想率なんて3ヶ月の状態だけでなく、各話それぞれのよさをまとめてたまに感想サイトでも見かける各話評価ゲージの上下を全体を通して作ってみようという話になってしまうということも容易に想像できる。

 わかるよ、わかるさ、そのグラフのおもしろさと有益性は。ファンサイトなどで作品単体やることより、感想系サイトのような複数作品でやってこそ意味があることも。だからこそ言いたくなかった。

 その件に関しては黙秘します。自サイトのそのタイプの評価データまとめすらできてないのですからね。自分の分は時間があって方法がわかればやりたいけど。(どうせほとんど★3つで横ばいなんだが)

 とりあえずドラ映画感想だけです。いろいろ書いてたら止まらなくなっちゃったので…。ひとこともソレ絡みです。アニメは地獄少女以外見てあるのですが…。

 映画の直接の感想ではないのでこっちに。

 いつもは始発のところを2時間ほど遅らせて行って、8時過ぎ(上映10:00)に到着してみたところ、誰もいませんでした。席が決まっているとこんなもんなんですね。開場は9:40と看板が出ていました。まだ1時間半ぐらいあります。

 とりあえず誰もいないのが不安なので、「どこに居ればいいですかね?」とスタッフさんに聞いたところ、その辺に居てくださいのようなアバウト回答。「いや、せっかくなのでオレは開場に一番乗りしたい」と思いつつも、そういわれては居場所がないので、その辺をうろうろ。8時半ぐらいに2人目らしき人が来る。その人もどうも居場所がなさそうな感じ。

 9時ぐらいになると、そんな人たちがわらわら劇場前に列を作れずに適当に集まっている状態に。それでも特にアナウンスもなく、淡々と開場準備をするスタッフのみなさん。

 見てると例年通り前売り券だけ持ってきて、「指定席券との引き替えが必要です」と言われる家族連れがいくらか。その内1回だけ「指定席券を持っていない方はこちらへ」と声が。看板も貼り紙もなく口頭で1回だけ。

 「この劇場前のわらわらした状態は『開場待ちの方はこちらにお並びください』といえばすっきりするんだよ! というか並ばせろ!」という視線を送る9時10分。未だスタッフから何もアナウンスなし。

 そうしていると、何か動きに変化が起こって、入り口の整備をし出した。スタッフも混乱しているっぽく、「開場時間:9:40」と書かれた看板をどかしたり、もう一回出してみたり裏返したりしている…。そして9時20分…

 「お待たせしました、只今より開場いたします」

 「はァ?9:40開場じゃなかったのかヨ! 急きょ変えたんなら説明ぐらいしてくれぃ」そういや指定席になる前もあまりの長蛇の列に8時半に開場開けたこともあったよなぁ…(9時半上映だったはず)、まったくここのスタッフは…。

 とか思いつつ、ちゃんと入り口付近に陣取っていたので、一番乗り入場。指定席なので、前みたいに席取りダッシュすることもなく、オレはいきなりパンフを買うぜ! そして記念はんこを一番乗りで押してやる!(大人げない)

 初っ端なのでスタッフさんが「パンフっていくらでしたっけー?」とか言っているのを聞きつつ(今まで通り500円でした)、即行買ってはんこへGO。「おれは〜、いちばんのりの〜、よごれてないはんこをさいしょによごすのさ〜〜」とどーでもいい目標を持ちつつ、はんこ到着。

 は、はんこが…既に汚れているッ…! orz

 くそぉ、オレの前に押した奴出てこい! 関係者権限じゃねぇぞくそぉ〜(泣きながら逃亡)

 ということで、やたらいっぱいいるくせに列整理もできないスタッフにイラつきながら映画みてきました。映画感想につづく。

 今日は時間がないので感想なし。とりあえずひとことコーナーだけ書いてます。アニメは全部見終わっているんですけどね。

 明日はドラ映画です。毎回の事ながら舞台挨拶付き初回に行く予定なので、今日はそそくさ寝ます。

 とはいっても、舞台挨拶のある日劇PLEXはいつの間にか前売り券だけでは入れなくなり、入場には券の引き換えが必要になっていました。少なくともドラ映画では初。ついでに言うと初日初回は全席自由席が基本らしいのですが、ドラ映画に関しては全席指定席の模様…。

 つまり始発電車に乗って劇場前で数時間待ちをしなくてもいいということらしい。だんだん若いパワーがなくなってきた身としてはこれはありがたい限り。でも開場(開演ではない)時間がわからないので、それなりに早めには行く予定。

 でもこのシステム変更のおかげで、1.前売りを買いに行く>2.前売り券を早めに引き換えに行く(早めじゃないといい席が取れない、自分は木曜(昨日じゃん)に行ったので結構微妙な感じに、次回はがんばる)>3.見に行く と、正味3回も劇場に足を運ばなければならないという…。いろいろはじめてだったので結構あたふたしたし。あんまりその辺のこと詳しく書いてないから、いまいち質問を忘れて帰ってきちゃうのよね。初回は自由席だと思ってたら、席交渉するの忘れちゃったし。日劇の方も結構不慣れな感じなのかも。(世の風潮に合わせて完全指定席になったのはいつからなんだろう?)

 まぁ映画自体がかなりよさげな印象があるので、もう1回ぐらいは見るかもしれないのでいいけど。自分はさほど作画好きではないけど、それでもアニメーション自体が見どころになってるのは偉いですよ。

 あと新番調査についての感想をすこし。

 番組調査自体は先日も書いたとおり特に感想はないわけですが、サイト集計の方にはいくつかあったのを思い出したので。>うちの提出データ

 これはむしろ集計結果ではなく、自分のデータを作成しているとき、多量見なのでほとんど「継続」なのですが、「好き」「よさげ」はまだわかるとして、「ふつう」や「うーん…」なのに何で自分は継続しているのだろうと…ちょっと考えてしまいました。普段から「アニメが好き」と宣言しているくせに、視聴中の番組に関して「ふつう」や「うーん…」というテンションが出てくるのですよ。何で切らないのか、何で切れないのかと自分の意志の弱さを反省してしまったのです…。

 でも、集計してみたところ、「ふつう」や「うーん…」の継続が思ったより多い、というか多すぎな感じに多い。てかそれで何で切らずに見てるの? と問いたくなったり。「アニメを見るのが好き」ではなく「アニメを見てるのが好き」になってないのかな? とかも思ったり。自分を含めて。

 継続テンション調査のある新番組調査は、自分のアニメ視聴態度を反省するきっかけになりますね…。本当は別に見なくたっていいんだ、それはわかってるんだ、頭では。でも中途半端な切りでは見ないつらさと見るつらさの両方になってしまうんだよなぁ。

 やっと追いつきました。こんな短期間の溜めで見ても見ても終わらない感覚を味わうとはなぁ。終わらないアリスを求める連中はとりあえず終わらないアニメから入ろうぜ。

 手キャプは先週のクラッシュビーダマン。崩れ顔とどっち描こうか悩みましたが、とりあえず普通の顔から行こうかと。無駄に狙いが入っていたナズナ@陰陽大戦記より、劇場版ムシキング>クラッシュビーダマン と、神田朱未onキッズアニメがどんどんいい感じになってきた様子。男子といえばくまいもとことまでは言わないけど、女子といえばそれなりに神田朱未と言われるぐらいにはなって欲しいですな。

 さて、冬の感想率調査の感想でもいくらか。とりあえず終了番組調査から。>うちの提出データ

 個人的にはすごい納得のいかないランキングでしたと…言わざるを得ません。こんなに自分の感覚と違うのは終番調査をはじめてからはじめてのことかも。だってなのはA'sの自分的評価はラス前の感想で書いたように、いまいち納得のいかないストーリーだったし、キャラの魅力もそんなに出ていた気がしていなかったのよね。なのにこの高評価。いやもうどうしたもんだか…。感覚の違いに困惑したというより、理解できない感の方が強かったり。こういうパターンだと「自分の趣向とは違うけど、まぁわからなくないなぁ」と思えるんだけど、なのはA's高評価に関してはあまりに自分が持っていない感覚すぎました。たとえていうと、真下監督作品が一般的に高評価を得てしまったみたいな。(わかりやすいけど失礼)

 2位のぱにぽには、自分の評価的にはこんなに高くないけど、感覚的にはわからなくもないタイプ。放送時のあちこちの感想も楽しそうだったしね。でもこれほど受け入れられているというのは正直意外。自評価の「おもろ」は「楽しくはあったけどわからないところも多かったし、ノリ切れないところも多々」的な感覚でこれぐらいの人が多いんじゃないかなぁと思った次第。まぁ自分もその一人だったわけですが。

 あとの上位陣はおおむね納得。プリキュアMHが前作より評価高めになるのは、前作で足切りが終わっているせいだしな。

 でも炎魂が11位なのは納得いかねぇ〜!! 自分の「ふつう」評価でも高めだと思ってたのに! まぁ確かに最初から微塵も期待していなければ「おもろ」ぐらいの評価は納得できますけど、あの第2部を見てもそんな評価が出てくるのが意外で仕方ありません…。たぶん1部で気持ちが特に盛り上がらなかった人たちとかそういうことなのかなぁ。あとはホビーアニメ的感覚があまりないとか。まぁ2部を絶望する感覚を楽しんでしまった、萌え見を放棄した時点で負け確定だったんだけどな…。

 でも、涼風がワースト2位なのはもっと納得いかねー!! ねー ねー(エコー) しかもワースト1のToHeart2は集計結果感想でそれなりに擁護コメントがあるのに対し、涼風は「駄作の代表」として扱われまくってるのがさらに納得いきませぬ…。最初の方見て「ダメだこりゃ」と言われるまではわかるんだけど、最後まで見た人までも貶しまくり、駄作で当然という風潮なのは何なのかと…。自分は楽しかったのに、あんなに楽しかったのに、この感覚ってみんなあんまり持ってないの? 後半の楽しげ感想はひとり浮いてたの? いいよもう…ひとり名作評価なオレの一人勝ちってことで。

 つか世間とズレた自分だけ高評価作品に、きちんとした駄作コメントが見られないと妙に悶々しますね。確かに「何で殿堂入りなのか」と同様に「何で駄作なのか」の説明も重要ですね…。でも自分の感覚では「見た人ならわかると思うけど、駄作で当然だよね?」みたいに感じてしまうことも多く、きちんと説明しようという気にならないことも多いのよね…。

 そんな感じで個人的にはいまいち合わないランキング結果で、集計ページでの作品コメントに頭を抱えたといいます…。「えっと、これどうやって誉めよう…」と評価コメントをじっくり読んで、それを「よい」とした人たちの感覚を自分に取り込みつつコメントを考える…ええ、自分がほとんど思ってもいないことを書くことになるワケで、結構なストレスでした。自分の思っていること書いたら、上につらつら書いたような内容になってしまうので、さすがに集計者コメントとしては書けないわけで。結論としては「評価コメントのあらすじと、その感想」を書けばいいというところにたどりつきましたが。普段あらすじを書いてない分、それはそれで大変なんですけどね…。

 新新番調査の方は…だらけ日記の方にそこそこ書いたのでいいか。ランキングに関しては特にコメントないです。データをいろいろ見る分には楽しいのですが、集計作業は別に楽しくないからなぁ。

 ただいまあにめ感想にっきに帰ってまいりました。集計中は 生見>集計>録画見>手動TB>感想書き だったので、全然感想が書けていないながらも、見ていたアニメはそれなりにあるというかなりの厳しい状況。1週間分まるまるあるって何本あると思ってるんだよ…。だいぶ忘れてるので、こてんこ感想はなしでひとつ。>こころあたり

 いつもより多めに感想飛ばし&ひとこと化で何とか書き終わりました…何気に数日かかってる…orz。もっと早く書けるようになりたいなぁ。先々週の土曜日先週分までUPしてありますので。

 しかし更新してないと、誰もアンケートに答えてくれないのね…。1週間以上放置して何も増えず…。

 1参加サイト「あにめ感想にっき」としての感想率調査の感想はまた今度。言いたいことはいろいろある。個人的に。

当日分直飛び:[土曜深夜][日曜日][月曜日][火曜日][水曜日][木曜日][金曜日][土曜日]


生見・今週分録画見

    土曜日 △

  1. OVERMANキングゲイナー(再)(アニマックス)「氷の中で」

    ★★★

     アデット先生で成功例を見せておいて、サラは失敗するの2段構成が巧い。サラには少なからずゲイナーくんが言ってたことが当てはまるんだろうな。気持ちが足りない。

  2. BLOOD+「すっぱいぶどう」

    ★★★

  3. MAJOR―メジャー― 第2シリーズ「海堂への切符」

    ★★★

     あらそのまま勝ち抜いたチームが合格か。てっきり勝ち抜き戦の中で自分をアピールできた選手が合格するのかと思ったのに。ランダムなチーム分けだったのにいい加減だなぁ。でも学科あるのね。スカウト連中も学科受けるのかしら…受けないとしたら、体育科受験生ってこの4人だけ? いやでも普通野球部だけじゃないよな…。他のスポーツはどうなってるんだ?

  4. 地獄少女(MX)「優しい隣人」

    ★★★

     ゲストは千葉紗子。やっと阻止成功と思いきや、そうでもない感じに。結局我慢するという解決法では解決しないってことなんだろうな…。地獄少女以外の方法を考えなくちゃ。つか自分の人生を犠牲にしても恨みを晴らしたいと思うのなら、地獄少女なんか使わないで直接刺しちゃえばいいんじゃないかと。人を恨むのはそういうことでしょ? 「ばくだんをくれ!ジャイアンにぶっつけてぼくも死ぬ!」

  5. はじめの一歩(再)(ファミリー劇場)#61「再起への不安」

    ★★★

     試合もないので、絵もヘタレる。会長は何気に死亡フラグ持ってそうにみえて、長持ちなんだよねー。

  6. ふしぎ星の☆ふたご姫「最後の宝☆恋するブウモ!?」

    ★★★

     宍戸留実、恐ろしい子…。

  7. 韋駄天翔「やったぜ到着!Xシティ」

    ★★★

     MTBは神の乗り物か…。てことは原住民はあんまりMTB乗れないんですね。でもMTBパーツが通貨なのは前からなんでしょ…?
     そしてせっかく平地を走るセッティングをしたのに、屋根を走る翔…。そりゃそこ走るとは思ってたけどさー、メカニックだいなし。んで平地セッティングは伏線になってねぇ。

  8. 今日から㋮王!総集編(BS)

     9時から録ったら、もう始まってた。軽く時短見。あー、こんなことあったなーぐらいの記憶しかない。

  9. ロックマンエグゼBEAST「ファルザー襲来!」

    ★★★

  10. ワンワンセレプー それゆけ!徹之進「てつのしん忍者になる」

    ★★★

     もっと人を…。

  11. 遊☆戯☆王・デュエルモンスターズ(再)「恐怖の再生コンボ」

    ★★☆

     どーでもいい状態やデュエルが遅々として進まない…。海馬先生と木馬って本当に兄弟だったことを何故か記憶違いしていた。施設出身っていうから、兄弟の契りを交わした仲とかそんな話とばかり。だって似てないし。

  12. シュガシュガルーン「ワッフル、女王様になる!」

    ★★★


    金曜日 

  13. ドラえもん 映画『のび太の恐竜2006』あした公開!公開前日スペシャル「え?成長するプラモ?自然観察プラモシリーズ」

     あぁそういやこれも恐竜ネタだったなぁ。上の映画感想でも書いたけど、TVシリーズではむしろ恐竜スペシャルをやるんじゃなくて、映画に出てくる道具の話をやっておいた方がよかったんじゃないかと思うですよ。と映画を見たあとでは特に思う。
     後半のT・Pはずいぶん適当やなーと思ったら新作カットだった。まぁ映画の宣伝と割り切れば特に。

  14. とっとこハム太郎 はむはむぱらだいちゅ!「とっとこニキニキ!卒業でごじゃる」

    ★★★

     おっと木村くん転校!?(また予告の感想か) 木村くんキャラとしての最後の一花を期待しよう…。わくわく。

  15. ケロロ軍曹「夏美 名犬ナッチー であります」「ケロロ わんぱくケロッパー であります」

    ★★★

     あぁ、ずいぶん前に海で会った人。そしてナウシカ。パロはもっとハジケようぜ。


    木曜日 

  16. Solty Rei「おかえりなさい」

    ★★★

     射殺命令が出てる状態で、裁判で何たらもないもんだ。もう殺すか逃がすかの二択状態なのにな。射殺命令を聞いてないとすると(たぶん聞いてない)、ずいぶん駒扱いだよなー。ローズを駒として使う恐ろしさがちょっとあるかも。

  17. プレイボール2nd(MX)「対立のハードトレーニング」

    ★★★

     結局直前になると勝ちたくて仕方がない谷口キャプテンの図。目的に近づいたところですいっと目的をさらに前方にズラすこういうタイプの人とはあんまりつきあいたくないなぁとか思ったり。5回戦で終わる気持ちで今まで積み重ねてきたとかだと特になー。せめて目標変更はもう少し早めに言って欲しいですよ。

  18. REC「昼下がりの情事」

    ★★★

     エロアニメと思いきやエロゲか。エロシーンしか録ってなかったみたいだけど、他のシーンはボイスなしなのかな、それとももう録ってあったのかなぁ。キャラに慣れてない状態でエロシーン録ってるとかになるとどうもなぁ。まぁ無名のタイトルっぽいけどな。収録後すぐソフトが発売になってたっぽいし! なんか設定的にはいろいろいい加減な感じが。
     しかしそれなりに声、声優のイメージってあるから、一概に何でもやっておいた方がいいとかいうこともないと思ったりもする。まぁ経歴として残すかどうかの違いではあるけど。(声オタにはバレますが)

  19. びんちょうタン「着物のおもひでびん」

    ★★★

     低所得層を雇うのなら、制服支給ぐらいしておくれ…。正装を持っているかとかそういうところで足きりがあるんだよなぁ。

  20. マジカノ(TVK)「眠れる王子ってマジですか?」

    ★★★☆

     そうそうそのとーり にゃーん ネタが出るとは…。いやもうそれだけで満足です。(見てないくせに…<超ぽじ)
     あと地味に「ツンデレラ」にウケた。

  21. 舞-乙HiME「白き姫、目覚めるとき」

    ★★★

     いや、マシロ女王への恨み辛みはその程度では消えないと思うのだがなァ…みんな難民生活に疲れてるんだろうな…。

  22. ノエイン もうひとりの君へ(TVK)「モウイチド」

    ★★★

     もう一度ラクリマへ、そしてシャングリラへ。ユウが消えようとしたのはカラスが来たことの影響かと思いきや、現世で一緒にいるんだからそういうことではないわな。未来のアイがイサミを殺したのは仮面のシャングリラと聞いて微妙な表情をしたように(ユウ=カラス=シャングリラと知ってる?)見えたのは気のせいなのかなぁ。

  23. REC(BS-i)「ティファニーで朝食を」

     怪の時間がズレていたのでOP欠けぐらい。この話はやはしよい感じ。

  24. 怪〜ayakashi〜JAPANESE CLASSIC HORROR「天守物語 大詰め」

    ★★★

     特には。四谷怪談より内容がなかった感じ。

  25. しにがみのバラッド。(BS)(新)「きみのこえ。」

    ★★★☆

     てっきりそうやって死んだ斎籐千和が死神になる話かと思った…。ずいぶんサポートのいい死神さんの様子。

  26. かりん(BS)「エルダ登場!で 恥ずかしい」

    ★★★

     おばあちゃん登場。強引に眠らされていたらそりゃ枯渇してるよな…。無作為っぽかったけど、血の趣向はあんまりないのだろうか。

  27. 銀牙伝説WEED(アニマックス)「雪上の死闘」

    ★★★

     何かメイン会場じゃないところで大きなバトルになってしまった感。もっとでーん、でででーんといった雰囲気で戦闘が始まってほしかった気もする。こんなゲリラっぽい戦いではチンピラだよ…。

  28. ポケットモンスターアドバンスジェネレーション「摩天楼の赤いイナズマ!」

    ★★★☆

     植田佳奈の無駄使い。発明王と聞いて普通のハッサムじゃなくて、メカハッサムだと思ったんだけどなぁ。むしろ発明王と聞く前から。右手にはかいこうせん発射装置を仕組んだメカ。それならバカ強いのも納得できるし。ただの首輪型スピーカーとは肩透かしですよ。リベンジ戦でハルカが今度は勝てるのも何か変だし。その前にそもそもジュカイン戦で疲弊しているハッサムに対してガチバトルとは大人げないなぁ。
     ところでビル街を颯爽と行く姿はスパイダーマンが元ネタでしょうか。赤いしな、ハッサム。

  29. 冒険王ビィト エクセリオン「炎と雷の乙女達!ハングを撃破せよ!」

    ★★★

     何で片栗粉を持ち合わせているのかと…。

  30. こてんこてんこ「大変身!だんしゃくは素敵なレディ?」「ナッパのひみつ基地」

    ★★★

     えー、まてんこが素じゃなくて、大魔王の呪いだったの!?(予告の感想かよ) 絶対天の国側の方が洗脳的なんだけどなぁ…。


    水曜日 

  31. 鍵姫物語 永久アリス輪舞曲(TVK)「Turtle's Story」

    ★★★

     先輩の過去話。中身確認もせず燃やすか?そもそも開けて中身がなかった棺を燃やすシチュエーションって何だ?それとも遺体と一緒に入ってたの?むしろ行方不明者の遺体なし葬儀か?とかいろいろ考えてしまいましたが、記憶の中でそこで死んだことにしておいたらしい。そりゃ見つかるわ、友情も亀裂だわ。お手製の墓はイタイなぁ。

  32. IGPX「タケシ、前へ」

    ★★★

     何かいまいち時系列がわからなくなった…。というかタケシが何で復活したのかがよくわからない。立ち直るための大きなきっかけがあったとも見えなかったし、ファンティーヌにフラれたのは作戦会議にちゃんと出てきたあとの話だし。
     しかし殴り合って通じ合うなんて…これも女性の社会進出か…(@アンドレ)

  33. BLACK CAT(BS-i)「疾走の猫」

    ★★★☆

     あれ、黒猫なのにおもしろい…。

  34. かしまし〜ガール・ミーツ・ガール〜「見ているだけが…」

    ★★★

     あゆき担当回。あゆきまであんな影の薄いはずむ少年が好きだったとはなぁ。しかし傍観者に徹するらしいけど、それはつまり、悪い虫は寄せ付けないという役割になるということで、はずむを陰から守っている構図だよなー。とまりをけしかけたのも、はずむがやす菜ととまりの両方に好意があることを見透かしてのことなのかも知れないな。
     明日太はすっかり家以外での親父の役割に…。不憫だ…。つかちゃんと描けば明日太話もかなりいい感じになると思うだけに残念で仕方がないです。元男だけど女同士という構図はこっぱずかしいけど、元男と男はやっぱり気持ち悪いとでも考えているのかなぁ。

  35. キン肉マンII世 ULTIMATE MUSCLE 2「いざゴング!名参謀ミートなき迷い」

    ★★★☆

     もうラスト近しではあるんだろうけど、それなりに盛り上がり。しかし、ノーブルやらビーストやら肉のカーテンやら何でみんなそういう専門用語知ってるの?

  36. 灼眼のシャナ(TVK)「遠ざかる想い」

    ★★★

     シャナがなりふり構わず祐二を守ろうとしているのがよくわかりますな。アラストールが何か言って、それに乗っかる形に藁にもすがる思いな表情がよく描けていました。
     しかしこれはシャナへの恋の教育が行き届いていない結果でもあるな。シャナの持っているその気持ちがいったい何なのか誰も説明してあげてない。ヴィルヘルミナにもそういう感情がないのかなぁ。

  37. NARUTO―ナルト―「ありえねーってばよ!セレブ忍法・金遁の術」

    ★★☆

     持ち合わせが切れただけなのに、一時の金で裏切ってしまっては、その後の儲けを失うことになると思うのだが、そんなことも考えられないぐらい金の亡者なのだろうか彼らおつきの男どもは。つかそんな考えの持ち主なら、自分らで息子を誘拐して身代金をせしめた方が簡単だよなぁ。

  38. アイシールド21「熱いぜ!ガッツ!!」

    ★★★

     EDあとがネタじゃないなんて…。アイキャッチが衛姉ちゃんからインラインスケートの彼女に…うーん…。

  39. 遊☆戯☆王・デュエルモンスターズGX「黄泉ガエル!イキカエル!デスガエル!」

    ★★★

     十代の起死回生デュエルはいまいちタクティクス感がないんだよなぁ。カエルコンボを積み重ねていた彼女の方がよほど…と思いつつも、デスガエル3体直接攻撃コンボは痛すぎると思う…。普通なら瞬殺じゃん。

  40. 甲虫王者ムシキング〜森の民の伝説〜「輝きの森」

    ★★★

     到着、父さんは樹になってた。で、ムシキングは父さんだったそうで。そうか、父さんの子ども時代はTARAKOか…。
     つかこう本筋がきれいに整理されると、デューク親子はいらない子だよなぁ。


    火曜日 

  41. ガンパレード・オーケストラ「祈りの海」

    ★★★

     訓練中にうっかり死にそうになるとはまた斬新な。親が乗ってた機体ということは少なくとも10年以上前のものだよなぁ…。つかどれだけ長いこと幻獣と戦ってるんだろう…。

  42. Angel Heart「宿命のプレリュード」

    ★★★

     あの家庭教師っぽい彼女が親父の相方かと思いました…違うのか。親の秘密を知るにはまだ若すぎる感じだよなぁ、川澄娘は。事実を受け入れられる覚悟が見て取れればみんな教えてくれるんだということに気づけば何とかなりそうな。

  43. ガラスの仮面「恋の炎」

    ★★★☆

     クラスターエッジで飛行機が墜落しなくてモヤモヤしていたらこっちで自動車が崖から落下しましたよ! わーい。なんてネタはともかく、風、火、水とテーマが言い渡されるワケだけど、これらすべては「恋」というキーワードで繋がっているということでいいのかな? 梅の精の恋の表現には、そういう自然のものにそくしたものが使われるということなのかなぁ。
     速水さんって何気に鈍いよなー。まぁマヤ母の件があるので「ありえない」と思っている心の壁があるんだろうけどさ。
     しかし亜弓さんが真剣に課題に向き合っている中、自分は恋の花を咲かせてるのかよ…>マヤ

  44. 闘牌伝説アカギ―闇に舞い降りた天才―「作為の足枷」

    ★★★

     今回は麻雀なしで、解説に徹する。これまでもそうだけど、アカギさんて何気に親切だよね。何となく理解していたところと、よくわかってなかったところとあって、30分間緊張感を持って解説に聞き入ったかというとそうでもないな。

  45. capeta「プレッシャー!」

    ★★★

     ナオミの全力疾走に追いつくのは難しそうですなぁ…と思わせる回。カペタが起死回生するにはどういう手を打てばいいのだろうか…。


    月曜日 

  46. LEMON ANGEL PROJECT(BS朝日)「友達でいいから」

    ★★★

     後ろ姿でも智の顔が終わってる(©自分的には寿蘭)のがわかるドーナツほおばりシーン。つか今回は作画が全般的に終わってた。春香さんはいつも微妙に作画の悪い感じに扱われているような。嫌がらせは古典だけど、された方の対応は古典ではなかった感じ。笑いながら画鋲踏んづけた治療なんて昔じゃ考えられないよ…。
     春香さんが自分から逃亡しちゃうのはちょっと納得いかないなー。もっともーっとプライドをズタズタにするというか、格の違いを見せつけた上で、去っていって欲しかったですよ。これではあまり春香さんに勝った気がしません…。あと、春香さんがまわりから浮いてしまうシーンとかちゃんと見たかったな。んでドーナツ娘がフォロー入れるんだけど、それが逆に精神を逆なでする展開とか…。

  47. おろしたてミュージカル 練馬大根ブラザーズ「俺の激安ロケット発射寸前!」

    ★★★

     明らかにドンキだけど、相変わらずドンキ自体への誹謗中傷ネタはなし…。そこは圧縮陳列放火ネタとか(危ない)、あることないことありそうなネタを詰め込んでいこうぜ。攻めっ気が足りない…。

  48. Canvas2〜虹色のスケッチ〜(TVK)「マーマレード色の夕暮れ」

    ★★★☆

     マジで何もなかったのか! うわヘタレ〜。浩樹の方は自分の気持ちをセーブしてるのだからまだしも、霧の方はいくらでも攻め手があっただろうに…とあの担当さんのように言いたくなったよ…。
     画家の彼(名前覚える気ねぇ)は、そのスケッチ旅行の話をするならさぁ、盗作に至ったいきさつに霧への気持ちがあったことを含めて告白するべきじゃなかったのかなぁとか思ったり。まぁフラれるのわかっていての告白&実は霧の背中を押すのが目的 なのだから、あれぐらいで妥当とも言えなくないけど。
     夕焼けの屋上という学生当時と同じシチュエーションで霧からの告白。セリフも同じなのかな? 「あの時と同じままなんだよ」というアピールではあるけど、2度目の告白はどうなるのだろう…。エリスが蚊帳の外なのがかわいそうではある。エリスが浩樹を諦めるイベントもちゃんと欲しいなぁ。あとであるのかな?

  49. 名探偵コナン「本庁の刑事恋物語7(後編)」

    ★★★☆

     お前のラブコメ好きにはほとほと呆れた>自
     推理オタと逮捕オタを差し置いての単独行動の高木刑事が素敵すぎました。だんだん実力がついてきたんじゃないかとちょっと見直したよ。

  50. ブラック・ジャック「過去ある二人めぐり逢い」

    ★★★

     もう少し因縁があるのかと思ったけど…以外とあっさり。つか一瞬で5年後なことの方が驚きますよ…ピノコ成長してねぇ。

  51. うえきの法則「神になったアノンの法則」

    ★★★

     逝った目&ピクピク怖すぎ。サブタイで食われることは見え見えだったけどさー、その前の快刀乱麻斬りの絵が激しすぎだ。

  52. 爆球Hit!クラッシュビーダマン「危うし!クラッシュバレット」

    ★★★

     激しく噛ませ犬であることに気づいていない本人が哀れすぎだ。ビーダマンは父から与えられたものとすれば、ビー魂は天から与えられたものか…、結局さー(以下略


    日曜日 

  53. よみがえる空―RESCUE WINGS「少年の旅路(前編)」

    ★★★☆

     いつからそんなに頼れる男に…。あまりのりりしさに別人かと思ったよ…。
     ただあの停止したゴンドラからの救出劇というだけではなく、ふたりの少年の心まで救うレスキュー話になりそうでわくわくです。
     しかし偶然に乗ったゴンドラで事故が…なんてどこのコナンですか。

  54. Fate/stay night(TVK)「不協の旋律」

    ★★★

     だんだん敵の存在を意識させられてきましたな。あれだけ女子に囲まれてもそっち方面に妄想が働かないのはそれはそれで気持ち悪いなぁ。

  55. 吟遊黙示録マイネリーベ―wieder―(アニマックス)「楽園」

    ★★★

     保志逃亡。確かに放っとけな気分に。

  56. ONE PIECE「波を砕け!ルフィとゾロの最強合体技」

    ★★★

     ゾロの300ポンド砲はいいとして、ルフィがそこで何をしたのかがよくわかりません…。

  57. ちびまる子ちゃん「『まる子、和服美人になる!?』の巻」「『春を告げるもの』の巻」

    ★★★

     自分的には見たのはこっちが先だけど、「春は名のみの風の寒さや」ネタは、朝のプリキュアSSでやってましたな。まぁプリキュアの方は説明が薄かったけど…。<「春とは言ってもまだ風は寒いからね〜」とか榎本母が言うだけ

  58. MÄR〜メルヘヴン〜「傷だらけのアルヴィス」

    ★★☆

     オリジナルくさ。その異常なまでの妖精ラヴはあまりカッコイイ部類とは違うと思う…。

  59. おねがいマイメロディ「みんな一緒だったらイイナ!」

    ★★★

     音符レースもお互い王手になる話ではあるけど、話メインがその音符についてになっていたことと、バク一家のインパクトの強さに、鶴変化パパの印象が薄くなってしまって、この1話としてはいまいちまとまりが薄い印象。

  60. 金色のガッシュベル!!「ファウードの守護者 アースからガッシュへ 託される未来」

    ★★★

     つかリオウを回復ポイントから離せばいいだけのような気が…。その前にリオウが回復するとパートナーの心の力まで回復するというのが変な感じ。
     とりあえずF-ZEROがちょっとやりたく…(上からのビームで回復)

  61. ゾイドジェネシス「瓦解」

    ★★★☆

     このクライマックス連発は無印ゾイドを思い出しますね。やればできるんジャン。
     早々に逃げる決断をするソラノヒトはちょっとかっこ悪。外側の防衛だけでなく、内部の防衛もしっかりしようよ…。まぁ数千年動いてなかったシステムだし、動かす人間の経験値が低すぎるんだろうなぁ。そしてその経験値の低さを突かれたとも言える。つか地上に降りてたソラノヒトたちは平和ボケしまくってるソラシティ市民と明らかに感じが違うんですけど…。

  62. ふたりはプリキュアSplash Star「うっそー!? 春の景色とセミの声」

    ★★★

     テーマに沿えばグランプリ確実と思われてるって…それはそれでその設定はどうかと思うですよ。これがCanvas2の世界観だったら、美術部的にはいまいち扱いにくい部員っぽいよなー。レベル違いすぎて。

  63. まじめにふまじめ かいけつゾロリ「子ブタのいえをぶっとばせ!」

    ★★★

     3匹の子ブタがこんな話に。ゴルフしてる元子ブタがシュールだ。レンガ造りの家を造れる頭と器用さ>発明家 という流れはなかなか考えられていて、ゾロリの世界観ともマッチしていてなかなか。
     とりあえず煙突から入ったら鍋が! と思ってしまうのは古い世代なんでしょうか…。(最近の三匹の子ブタはオオカミを食わないらしい)

  64. 交響詩篇エウレカセブン「イッツ・オール・イン・ザ・マインド」

    ★★★

     エウレカは自分が光っちゃったことを気にしているのだろうか。どこぞの人造兵と違って「人間になろうとしている」というワケでもないと思っていたんだけど、人と違うことを気にしているのかなぁ。


    土曜深夜 

  65. 蟲師「山抱く衣」

    ★★★☆

     地滑りのすぐあと、山の蟲がほとんどいなくなったあとに産まれた子どもだから発育が遅かったんですね…。
     とりあえず手紙はちゃんと目を通しましょう、という教訓と、SPAMがどれだけ問題を引き起こすかという話だった様子(えー

  66. 落語天女おゆい(TVK)「恋の行方ふたたび 江戸湾大決戦!」

    ★★★

     言霊に力がある世界観であれば、その言葉は確かに力強いよな…。天女になった晶さんは魅力半減…ショートカット&白衣でこその魅力でしょうに。
     この流れだったら、最後はメカのネーミングオチで終わってほしかったところ。晶さんもほんのり源内先生に心を許したところで、源内さんにはわからないけど、晶さん的にはそういう気持ちを込めたネーミングとかさ。

  67. 格闘美神 武龍「切なさを消せやしない」

    ★★★

     おっと父じゃないのか…そりゃ意外。堕ち方としてはありきたりでしたけどね。
     とりあえず服が裂かれてブラ見えてる状態のまま電車乗るなと…。何かで隠して! つか大場くん気を利かして!

  68. タクティカルロア(TVK)「落日の祭り」

    ★★★☆

     恋とわかれば攻めまくるとは…変われば変わるもんですなぁ。態度のはっきりしない弟クンもどうかと思うが、弟としか思ってないハズの艦長がやきもちをやいてる感じなのが不思議だ。弟クンの自分への気持ちを知っていてああいう態度を取っていたのかなぁ…ずいぶん悪い女ですな。


録画見

  1. オーバーマン キングゲイナー(再)(アニマックス)「オーバーマックス」(2/25)

    ★★★☆

     全国の引きこもりゲーマーに勇気を。まぁ元からある本作のテーマだけどな。


先週分[生見・当日分録画見] / [録画見]来週分
あにめ感想にっきトップ / 光希桃AnimeStationに戻る
Readme